安全に運ぶ

自動車を移動させてきた歴史

車の陸送の歴史は古く、初期は明治時代に車運車と呼ばれる馬車を使った輸送車から始まるその後、より多くの車を簡単に遠くへ移動させる為に自動車の陸送方法は進化していった。 より多くの物を運ぶといった点で進化してきたのが、電車による陸送である。主に長距離を移動させる必要のある海外(主にアメリカ、ヨーロッパ)で使用されている。日本では、あまり使用されていない。 日本での自動車の陸送方法は、主にキャリアカーによる方法である。これは、車の荷台に車を積んで移動するというもの。狭い道の多い日本では、鉄道だけでは自動車を移動することが困難な為、キャリアカーによる陸送がほとんどである。 この様に、自動車の陸送方法はさまざまでその土地や、時代によって進化してきている。

今後、安全に車を陸送させるには

車検のない自動車を日本で陸送させる場合は、キャリアカー以外にも仮ナンバーを取得して移動させるという手段もある。これは、車検を受けることを前提に自賠責保険のみを加入して公道を走れるという制度である。これは、日本国民であれば誰でも使用可能な制度であり、キャリアカーを手配するのに比べ非常に安価である。しかし、任意保険が適用できなかったりという問題もある。 安く車を陸送できる仮ナンバー制度であるが、最近では仮ナンバーを悪用するといった事例も多くなってきている。誰でも簡単に借りれてしまうので、犯罪等に使用される可能性もある。こういった事態もある為、今後は仮ナンバー制度自体の見直しもあるのではないかと考えられる。できれば、安全に自動車を陸送できるキャリアカーを使用することが一番なのではかいか。